スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

演奏をニコニコ動画にアップする方法

とか漠然としたタイトルですけど、あくまで僕の録音録画環境での解説です。っていうかほとんど自分用www
今回初めて動画ファイルのエンコードとかやってみて大変だったので、メモ的な感じで。


MTRとビデオカメラを使う場合

以下、僕と同じような環境で「やっべぇ、アップしたくてもうはちきれそうだZE☆」っていう方には参考になるかもしれないです。

使用したビデオカメラは「EXEMODE DV580HD」。安価でそこそこと評判。
MTRは「ZOOM MRS-8」。これも安価。使いやすくて初心者向け。

そのため動画ファイルの圧縮方式は.MOV。QuickTimeで再生できます。
映像はうわさのH.264。最新の圧縮方式らしいが、詳しいことはわかりませんww
音声とあわせるといわゆる「.mp4」とか「MPEG4」とかいうファイルにまとめられますです。
無料会員でもMPEG4をアップロード(40MBまで)できるようになったのでコレで問題ないです。

音声はZOOMから配布されている「MRS-8 Card Manager」なるソフトを用いてWAVEファイルで保存、ということです。



●用意するもの


○材料
録画した映像(.MOVファイル)
録音した音声(.WAVEファイル)



○ソフト
aviutl99a3」:肝心の編集&エンコソフト。最新版もありますがこれがいいと思う。
解凍して、「aviutl.exe」が入っているフォルダをなるべくドライブ直下に移動(C:\SMILEVIDEO\aviutl99a3とか)。
さらに、aviutl.exeがあるフォルダに「Plugins」という名前のフォルダを作っておく。


DirectShow File Reader(入力プラグイン)」:上で作った「Plugins」のフォルダに、解凍した中身のファイルをドバーっと。


x264 詰め合わせ」:x264.748.release4.rarをダウンロードして解凍。RARファイルなので「winRAR」などを使って解凍。ちなみにwinRARはフリーでもずっと使える不思議。
以下、解凍したもののフォルダ構成です。それぞれのファイルを説明通りに。
(x264.748.release4)
 │ 
 ├pthreadVC2.dll 
 │C:\WINDOWS\system32フォルダにコピー。
 │ 
 ├(auo)
 │ └x264gui.auoとx264gui.iniを「Plugins」にコピー。
 │ 
 ├(cli)
 │ └x264.exeとx264afs.exeを「Plugins」にコピー。
 │ 
 └(vfw]
   └x264vfw.infを右クリック→インストール。


OSがXPの人は「.Net Framework 2.0 SP1」と「日本語 Language Pack」をダウンロードしてインストールする。


OSがVistaの人は「.Net Framework 3.5」をダウンロードしてインストールする。


Microsoft Visual C++ 2008 再頒布可能パッケージ」:ダウンロードしてインストールする。


neroAacEnc.exe」:解凍したファイルの中からneroAacEnc.exeだけをaviutl.exeと同じフォルダにコピーする。


QuickTime」:mp4やMOVの再生に使います。


LAME 3.98.2」:オーディオファイルのシンプルで優秀なエンコーダ。WAVEからMP3に変換するとき使います。一応再エンコ、デコードも可能。


Lame Ivy Frontend Encoder」:上のLAMEを使用する際に必要。WAVEファイルとMP3 ファイルの変換を簡単に行う、LAME のフロントエンド。適当なところに解凍。上のLAMEとセットにしておくといい。


MP3Gain」:複数のMP3の音量を一定化するソフト、らしいが今回は音量アップに使う。ダウンロードして解凍&インストール。



○その他
「根気」:動画の編集やエンコードはとってもめんどくさいし難しい。

「ねこ」:膝の上に。

「ポニョ」:崖の上に。


以上!お疲れ様!



●音声ファイルの準備

ZOOMのカードマネージャでWAVEファイルを出力すると、結構音量が小さいのだ。
そこでまず、先ほどの「LIFE」を使ってMP3にエンコード。このときオプション設定のでビットレートを調節できるのだが、このビットレートは結構重要。
ニコニコ動画では映像のビットレートと音声のビットレートの合計が600Kbpsをオーバーするとアップできなくなる(有料会員は1Mbps)。
つまり音質重視なら 映像344Kbps 音声256Kbps
画質重視なら 映像472Kbps 音声128Kbps というようにバランスをとる必要がある。
僕は音声128Kbpsでやってます。

MP3にエンコードできたら、今度はそのファイルを「MP3Gain」で読み込んで、目標音量を95.0dBほどに調整。
で、トラックゲイン。ごにょごにょしてたら変換中です。
終わったらMP3ファイルの音量がちょっとあがってるはずです。あんまり音割れしてたら「LIFE」からやり直し。

コレで準備おkです。



●aviutl99a3の準備

○aviutlの動作の設定
Vistaの場合はaviutlの動作を設定する必要がある。
aviutl.exeを右クリックしてプロパティを選ぶ。
互換性のタブに移動。
「互換モードでこのプログラムを実行する」にチェックを入れて[Windows XP SP2]を選択。
適用してOKで終わり。
この方法で読み込まない場合、aviutl.iniをaviutl.ini.oldにリネームしてからaviutlを起動。それでも読み込まない場合はわかりません。うn。
新たに出来たaviutl.iniを削除して元のaviutl.ini.oldをaviutl.iniにリネームしなおしてください。


○aviutlの設定
aviutlを起動させててから"ファイル"→"環境設定"→"入力プラグイン優先度の設定"
1番上に「DirectShow File Reader」がくるように並べ替える。
ソフトを再起動。



●aviutl99a3を使って動画編集

まずソフトを起動。
"ファイル"→"環境設定"→"システムの設定"
「最大画像サイズ」を取り込む動画のサイズ以上に。今回は1280x720に設定。
OKをクリック。
ソフトを閉じて再起動。

"ファイル"→"開く"で「ファイルの種類」をAllFile(*.*)にしてから、映像のファイル(.MOV)を読み込む。

"設定"→"サイズの変更"→"指定サイズ"で動画の画面サイズを変更できる。
1280x960、640x480、480x360、320x240など、アスペクト比が4:.3の動画はサイズを512x384に変更する。
1280x720、720x480、640x360など、アスペクト比が16:9の動画はサイズを512x288に変更する。
今回は1280x720なので512x288に変更。

"ファイル"→"音声読み込み"で「ファイルの種類」をAllFile(*.*)にしてから、「音声ファイルの準備」で作ったMP3を読み込み。

"表示"→"再生ウィンドウの表示"で再生ウィンドウを表示させる。
タイムバーと再生、一時停止、ストップのシンプルなもの。
再生してみて、たぶん音声がずれているのがわかるハズ。

"フィルタ"→"音声の位置調整"を選択(チェックが入る)。

"設定"→"音声の位置調整の設定"で、MP3の開始位置を調整できる。ただし調整できるのは±256フレーム(30fpsで±8.5秒くらい?)の範囲だけなので、どうしても範囲以上にずらしたい場合は音声ファイルを編集してカットなりなんなりするしかない・・・たぶん。

再生ウィンドウを見ながら音声の開始位置を微調整。
音声の開始をジャストのところより1フレーム速くするといい。
エンコードのときにわずかにずれるため。


さあ次へいきましょう。



●aviutl99a3を使って動画エンコード

aviutl99a3を使って動画編集で作ったファイルをいよいよエンコード。

"ファイル"→"プラグイン出力"→"拡張 x264出力(GUI)"を選択。

「ファイル名」を「zoome1st.mp4」に。
さらに「ビデオ圧縮」をクリックする。

出てきたウィザードの「プリセット」を「NicoNico SP1」に設定。
映像の項目(画面左半分)の「ビットレート(kbps)」を設定。
音声が128Kbpsなら、600-128=472Kbpsに設定。
音声の項目(画面右半分)の「エンコーダ」を「NeroAACエンコーダ」に設定。
その下の「neroAacEnc.exeの指定」でneroAacEnc.exeの場所を参照。
「C:\SMILEVIDEO\aviutl99a3\neroAacEnc.exe」みたいな感じ。
さらにその下の「エンコード設定」動画のビットレートと相談して選ぶ。
今回は「AAC-HE 128Kbps」を選択。
「OK」を選択。
なお、ここの設定はコチラの中ほどで詳しく解説されています。

先ほどの「名前を付けて保存ウィザード」で「保存」をクリックするとエンコードが始まります。
たいていは10分以上かかります。

エンコードしたファイルが40MB以下であれば成功。
長い動画とかでサイズを超えちゃったらビットレートを落としてやり直し。

成功したファイルはSMILEVIDEOへ。
アップロードページで、アスペクト比を設定してアップロード。
今回はちゃんと16:9に設定しました。

アップロードに失敗する場合はたいていビットレートのオーバーです。

あと、今回触れなかったフレームレートは15.00、30.00、60.00のように整数じゃないとだめらしいです。
今回アップしたのは30.00です。多分もとの.MOVファイルが30.00だったんだと思います。どこかで設定できるはず。いろいろ試してみてください。

今回アップした「夜雀の歌声」は最終的に11.1MBでした。
上に記した方法でそれなりにきれいな音質&画質になりました。

なお、この方法にもいろいろ無駄な箇所があると思います。
僕自身あまりわかっていませんwww
いろいろな解説サイトを参照して自分なりにまとめたものなのでアレですが、誰かの役にたてば幸いです。

間違いやリンク切れがございましたらお知らせください。
質問にはあまり答えられないかもですorz


あー疲れた。
スポンサーサイト
初めてお越しの方へ
ご訪問していただきありがとうございます^^
アップしたMP3や楽譜なんかは、下のほうのカテゴリからどうぞ。
アップローダのリンク切れなんかがありましたら報告していただけると助かります><
ゆっくりしていってね!!!
プロフィール

楠木 〆

Author:楠木 〆
性別:男
年齢:24
血液:A型
画像提供:おともだち
ヤフメ:reverberatedd@やふ
twitter:rulu_bot

カテゴリ
カウンター
最新コメント
検索フォーム
マイリンクサイト
相互リンクサイト
QRコード
QRコード
降り注ぐほんわか光
ほんわかほんわか
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。